林道通信

ホーム > 林道通信

2009.1 第14号 北海道の「林道規格(3級)の地域スタンダード」林道基準

 

林道規格(3級)の地域スタンダード策定に至った経緯

 近年、木材価格の低迷や公共事業の縮減等による地域経済の逼迫などの理由で、地域要望の減少等から林道事業に配分される予算が激減し、地球温暖化防止対策の一環である森林吸収源対策はもとより、数年先の森林整備や木材生産のコスト削減に影響を及ぼす可能性が高い状況となっている。
 そこで、今後の林道等整備のすすめ方や他事業との連携など具体の手法等について検討し方向性などを見いだすことを目的に、経験者や関係者、職員で構成する「今後の林道のおり方検討会」を設置し、その具体的な手法の一つとして「林道規格(3級)の地域スタンダード」林道基準について検討を進め、今までは突っ込み線形の支線・分線等を作業道等開設により整備を進めていた小区域の森林に、恒久的な林道を開設することで、継続的な森林整備を計画していくことが可能となった。
 この(林道規格O級)の地域スタンダード」林道基準は、林野庁との事前協議の結果、次の事項に該当する対象路線について平成21年度に各市町村からの要望を取りまとめ、路線単位で林野庁の一括承認を受けた後、平成22年度から公共事業で実施する予定である。

対象とする路線等

ファイル 8-1.jpg
【対象路線】
・全体計画延長:0.2km以上
・利用区域面積:lOha以上
 対象とする林道については、林道規程第4条の自動車道3級において、「もっぱら森林施業の実施のための林道」である自動車道3級の突っ込み線形の支線・分線等に適用することとし、林道の起点・終点付近に標識等により当該林道の整備目的など(利用形態区分)や通行の安全等入林の注意を促すよう徹底する。

※もっぱら森林施業の実施のための林道
一般車両の通行が希少であり主として森林管理や森林施業のため林地への出入りや作業性等アクセス機能が重視される林道。

【設計車両】
(1)北海道スタンダードトラック
 北海道における森林施業の実態として、間伐や皆伐等の木材運搬においては8tトラックによるものが主流を占めている。(下表参照)
 また北海道では、2級以上の林道等から先線の作業道等でも、8tトラックによる木材の搬出をおこなっていることから、北海道の作業道等の車道幅員は3.0m以上確保しており、林道事業による3級林道規模(車道幅員2.0m)の計画では、北海道内の木材を運搬する車両規格からは効率的な施業は出来ない状況にある。
 3級林道はもっぱら森林整備用車両の通行を目的として開設されるものであるが、上記のような作業形態並びに今後拡大が予想される複層林や長伐期施業等における木材の搬出を効率的に行うことを前提として、北海道における標準的な車両の通行が可能な林道の規格とする必要がある。
 なお、設計車両の諸元は下表とする。

 (2)高性能林業機械
 高性能林業機械であるハーベスタ、プロセッサ、フェラーバンチヤ、スキッダ、フォワーダのうち、北海道に普及しているハーベスタ、プロセッサ、フェラーバンチヤについて規格を検討する。
 ハーベスタ、プロセッサはベースマシンがほぼ同じであることから、最も台数の多い12 t級を基準とする。また、タワーヤーダも履帯式を導入しているため、ベースマシンはハーベスタ等と同等と考える。
 タワーヤーダはホイール式(トラック掲載型)もあるが、北海道内には導入されていないこと、全国的に台数が減少しており、代わりにスイングヤーダの導入が進んでいることなどから対象外とした。
 なお、フォワーダは規格が小さいことから上記の車両が通行できれば、同車両も通行可能であるため基準から外す。
 以上のことから、諸元は北海道で最も普及しているハーベスタ等のベースマシンである12 t級のエクスカベータ(バックホウ等)とする。
なお、設計車両の諸元は下表とする。
ファイル 8-2.jpg

【幅  員】
 車道幅員は、重量が小型自動車の約3倍にもおよび最も路体に与える影響が大きい高性能林業機械が安全に走行できる規格が必要である。
 また、高性能林業機械の設計車両幅と普通自動車の設計車両幅が同じ2.5mであること、さらに、設計車両幅はクローラ幅としており、自走時にはバックミラー等の付属物かおるため、安全な走行を考慮し3.0mとする。

【路  肩】
 本地域スタンダード規程はハーベスタ等の自走を想定したものであり、設計車両の
速度は6 km/ h と極端に遅いため、車両の路外逸脱等はほとんど考慮しなくても安全
に通行できる。また、設計速度20km/ h の北海道スタンダードトラック(8t車)を
対象とした場合は、車道幅員が3.0mであることから安全に車両の走行ができるため、
路肩幅員を0.25mとする。ただし、路肩が軟弱な場合においては0.3又は0.5mまで拡
大することができる。
ファイル 8-3.jpg

2009.1 第14号 平成21年度里山エリア再生交付金新規事業概要

①北広島地区(林道整備)(森林利用施設整備)(地域創造型整備)
②松前地区 (林道整備)(森林利用施設整備)
③乙部地区 (林道整備)(森林利用施設整備)(集落基盤整備)
上記3地区の内、①北広島地区の整備内容を紹介します。

北広島地区の整備概要

1.事業名 森林居住環境整備事業(里山エリア再生交付金事業)
  (居住環境基盤整備と居住地森林環境整備の組み合わせ)
2.事業期間 平成21年度~平成25年度(5箇年)
3.全体事業費 609,000千円(国費:296,100千円)
4.事業実施地区の概要
〈はじめに〉
 北広島市は北海道石狩平野の南側に位置し、周囲52.5km、総面積118.54km、人口60,957人(H20.9)の緑に囲まれたまちで、その緑の軸の骨格となる特別天然記念物野幌原始林を含む国有林を始め、南の里の森や仁別・三島の森等多くの豊かな森を持つ、人と自然が共生するまちとして発展してきた地区であります。
 この町で北広島市総合計画のもとに「北広島市緑の基本計画」を策定し、『緑を愛する市民が住み、緑と人がともに育ち交流するまち』を基本理念として掲げており、森林浴、自然観察のほか、市民植樹祭など森林とのふれあいを通じ、教育、レクリエーション、健康、癒しの場として森林を提供することで、地域住民の森林に対する関心を高めていくためにも里山としての豊かな自然環境を最大限に活用するとともに、都市住民との交流を促進するための森林レクリエーション及びスポーツ、さらには、本市の開拓の歴史・文化を伝える学習の場を整備するなどが急務となりこの事業の実施に至りました。

〈整備目的〉
1)周辺緑地の森林整備
 居住地周辺の森林は『緑の基本計画』にも施策としてあげられており、地域住民の住環境を良好に保つために不可欠な緑地として設定されています。
 今現在は作業道も無いため未整備状態となっており、本事業において作業道等林内歩道を整備し、不良木の淘汰及び除去、除根並びに整地を行い地域住民の憩いの場として整備する。
2)森林運動広場の整備
 森林運動広場は野幌原始林へと広がる悠久な大地とのふれあいの中で、北広島市の骨格となる森林である国有林と隣接し、心身の健康づくりはもとより、市民相互のふれあいと交流を深めることを理念として整備する。
3)富ヶ岡市民の森整備富ヶ岡の森は北広島市の『市民の森』として位置付けられており、植樹祭や森林学習会などの事業を通じて森林の体験学習ゾーンとして整備する。
4)旧島松駅逓の森整備
 旧島松駅逓所は明治の始め、函館、札幌間の長距離馬車道となった札幌本道の駅逓として人馬の継ぎ立て、宿泊、食料の提供、公用状の逓送などの業務が行われ、当市の開拓以前から北海道の開拓に寄与していた。
 この地域を当時の「歴史を思う空間」と位置付け、人と自然が交わる歴史的な公園として、散策路、四阿、水車小屋などに間伐材を利用した施設整備を実施し、森林の持つ公益的機能をアピールする場として整備する。
5)地域創造型整備 前項でも記述した旧島松駅逓所は明治初期に入植した中山久蔵が試行錯誤の末成功した水稲の発祥の地としても有名で、北海道に寒地稲作を広めた所でもあり、駅逓所横の見本田では今も当時のもみの赤毛種の田植えが行われています。また、地形的にには島松と三島の森に挟まれた仁井別川と島松川の合流点てあることから地下水も豊富に出る箇所で、この地下水を利用して水車小屋を整備することで、脱穀や製粉を体験し開拓当時の稲作を再現できる場所として地域はもとより都市住民との体験交流、森林持つ公益的機能の一つである水源のかん養などの理解を深める場として整備する。

ファイル 9-1.jpg

ファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpgファイル 9-5.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ