治山通信

ホーム > 治山通信

2009.7 第15号 緊急雇用創出推進事業の実施について

北海道では平成21年度に国の緊急雇用創出事業交付金を活用して、次のとおり治山事業・保安林管理に関連する事業を実施します。

1.森の魚道環境整備事業

 北海道では治山ダムを設置するなどして土砂の流出防止などの防災対策を図っていますが、治山ダムへの魚道の設置によるサケなどの降海型の魚類等への配慮にも取り組み、平成19年度末時点で合計306基(H19)の魚道整備を行うとともにNPO団体の協力を得ながら維持管理するなど、計画的に河川環境の改善に努めています。
 しかしながら、平成18年の豪雨により魚道内にも大量の土砂が堆積し、これまでの管理水準では魚道の機能維持が困難な状況となったことから、今回の緊急雇用創出事業交付金を活用して、喫緊に対応が必要な魚道の機能回復を図ります。

(1)事業概要
 ①現況調査
  治山ダムに設置された魚道306基の現況調査を2回実施
 ②データ入力・図面整理
  現地で記録したデータを魚道工現況調査票に入力するほか
  魚道工構造図、写真等の整理編纂
 ③魚道清掃
  土砂が堆積した27基の魚道清掃を実施
ファイル 25-1.jpg ファイル 25-2.jpg

(2)事業の実施予定
 ①時  期:平成21年8月~12月
 ②実施場所:北海道全域

2.保安林標識板点検・設置業務

 民有林の保安林については都道府県が保安林を表示する標識を設置することになっていますが、予算上の制約もあり、錆や損傷を受けた標識の交換作業がなかなか進まない状況でしたが、今回の緊急雇用創出事業交付金を活用することにより、消滅するなどした標識の代わりに、補助標識となる標板を設置して保安林を明示します。

(1)事業概要
①民有保安林内の保安林標識・標板の設置
  状況の調査。
②経年変化等により標識が消滅或いは著
  しく損傷している保安林に、補助標識で
  ある標板を設置する。

(2)事業の実施予定
 ① 時  期:平成21年8月~10月
 ② 実施場所:道内3支庁管内
        (檜山支庁、上川支庁、十勝支庁)
 ③ そ の 他:保安林の周囲でおおむね
         50mごとの立木に、第1種
         標板と第2種標板を交互に
         設置。

2009 国有林との合同現地検討会の開催

 国有林と民有林の治山事業実施箇所が近接している箇所において、事業効果の早期発現と効率的な事業実施を図るため、国有林・民有林を一体とした計画的な整備を「特定流域総合治山事業」により道内で2地区実施中でありますが、昨年、当該地区において国有林と民有林の治山担当者による現地検討会が開催されました。
 道からの出席者は、治山課、地元支庁、森づくりセンターの治山担当者、国有林からの出席者は、森林管理局、地元事務所、森林管理署の治山担当者が出席しました。

日 時:平成20年7月16日~17日
場 所:日高町宇正和
工事名:正和地区特定流域総合治山事業
検討事項:平成15年8月の台風10号による雨により甚大な被害を受け災害復旧工事に着手した地区で、施工中の地すべり対策工について意見交換を行った。

日 時:平成20年10月9日~10日
場 所:利尻富士町鬼脇宇二石
工事名:ヤムナイ沢特定流域総合治山事業
検討事項:近年、二度の土石流災発生を踏まえて、下流への被害軽減のため民有林で施工中(H19ゼロ国)のスリットダム以外に、国有林内でも同様の施設計画が可能かについて意見交換を行った。

ファイル 7-1.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ