協会だより

ホーム > 協会だより

2019 治山・林道のつどいの開催

 11月27日(水)、全国治山林道協会長会議の主催による「2019 治山・林道のつどい」が、全国都市会館(東京)で開催されました。
 協会長会議を代表して日本治山治水協会の山口会長による主催者あいさつ、来賓の江藤農林水産大臣、二階自民党幹事長の祝辞に引き続き、北海道選出の船橋利実衆議院議員はじめ多数出席された国会議員の紹介が行われました。
 ファイル 271-1.jpg
                    山口会長あいさつ

 ファイル 271-2.jpg   ファイル 271-3.jpg
           江藤大臣祝辞                     二階自民党幹事長祝辞 

ファイル 271-4.jpg
                    来賓の国会議員

 その後林野庁小坂森林整備部長による「森林整備事業・治山事業の推進について」の基調講演、熊本県治山林道協会の柳詰会長(球磨村長)と一般社団法人埼玉県治山林道協会の大澤会長代理(長瀞町長)による「現場からの声」に引き続き、愛媛県森林土木協会兵頭会長(鬼北町長)により読み上げられた「林野公共事業予算の拡充に関する決議」を全会一致で承認し、つどいは終了しました。
ファイル 271-5.jpg
                    球磨村柳詰村長による「現場からの声」

令和元年度日本林道協会通常総会並びに治山・林道コンクール表彰式の開催

 11月27日(水)、令和元年度日本林道協会通常総会と治山・林道コンクール表彰式が、全国都市会館(東京)で開催されました。
 総会では山口会長のあいさつ、来賓の太田林野庁次長の祝辞に引き続き、平成30年度事業報告及び収支決算、令和元年度事業計画及び収支予算等について議事が行われ、原案どおり承認されました。

 ファイル 270-1.jpg ファイル 270-2.jpg
           山口会長あいさつ                     太田次長の来賓祝辞 

 その後、引き続いて、令和元年度治山・林道コンクール表彰式が行われ、北海道からは、3名が出席し、治山工事部門の山洋建設株式会社三宅代表取締役が林野庁長官賞を、林道維持管理部門の湧別町刈田副町長と林道木材使用工事部門の北海道オホーツク総合振興局東部森林室藤原森林土木係長が日本林道協会長賞を受賞しました。

 ファイル 270-3.jpg
                  三宅代表取締役(左端)

 ファイル 270-4.jpg   ファイル 270-5.jpg
           刈田副町長(左端)                     藤原森林土木係長  (左端) 

全国治山林道協会長会議の開催

 10月10日、11日の日程で、全国治山林道協会長会議・現地視察が福島県で開催され、当協会から若狹会長ほかが出席しました。
 初日、郡山市内のホテルでの室内会議では、斎藤福島県協会会長の歓迎挨拶あと、松崎福島県農林水産部長から来賓挨拶があり、そのあと林野庁森林整備部治山課大政課長から「山地災害から地域を守る治山事業について」と題した講話、福島大学の林准教授から「2011年東日本大震災以降の福島県森林・林業の復興状況」と題した講演が行われました。
 また、山口会長には、国会対応のため遅れて会場入りされ、会議の閉会にあたって、主催者挨拶及び国の情勢報告が行われました。
 翌日は、福島第一原子力発電所の廃炉作業と海岸防災林の復旧状況を視察するコースと磐梯山噴火ー遠藤現夢の「植林成功届」から100年の裏磐梯を視察するコースの2班に分かれて現地視察を行い、興味深い研修、意見交換が実施されました。

 ファイル 268-1.jpg   ファイル 268-2.jpg
   主催者挨拶                        歓迎挨拶

                  ファイル 268-3.jpg
                   審議状況  

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ