技術通信

ホーム > 技術通信

2009.7 第15号 技術通信 道立林業試験場発(1)

日本海北部地域の海岸林造成

-植栽試験地の16年間の結果から-
  林業試験場 森林環境部 福地 稔

はじめに
 日本海北部海岸地域は気象条件が厳しく,特に冬期間は強い海風が吹き付ける地域です。この中でも稚内市抜海地区は海岸から平坦な地形が続き,内陸まで海風が侵入することから,農地等の保護のため,1973年から海岸林造成事業が行われてきました。このような中で,林業試験場ではこの地域の海岸林造成に適する樹種や産地を明らかにするため,事業地に隣接する平坦地に1990年に植栽試験地を設定しました。すでに16年経過し,生残率や成長の違いが明らかになってきたので,これまでの生育経過を紹介します。
ファイル 35-1.jpg  ファイル 35-2.jpg

植栽した樹種と産地
 植栽地は海岸からおよそ500m内陸に入った場所で,土壌は未熟な砂土です。これまでの海岸林造成の経験から,ミズナラ,カシワ,イタヤカエデなどの広葉樹3種と針葉樹3種を植栽しました。植栽列が海岸線と直角になるように,列間2m,苗間0.5mの間隔でそれぞれ25本ずつ植栽し,海岸側と内陸側に隣接して2組の試験区を設けました。植栽後5年間は毎年,それ以後は数回樹高や生存本数を調べました。ここでは産地数が10産地と多く,海岸林に多く植栽されているミズナラについて述べます。

産地による生残率の違い
 これまでの結果から,苗木は植栽直後に枯損するものが多く,その後枯損するものは少ないことがわかってきました。図-1に,ミズナラの産地別生残率の推移を示しました。植栽直後は産地間で枯損にばらつきが大きく,多いもので植栽直後に40%近くまで枯損したものもありました。植栽直後に枯損したものが多い産地は,内陸産(足寄や北見),道南産(函館,戸井,松前等),折川(島牧 
村)や豊牛(浜頓別町)などでした。
一方,稚咲内(豊富町),抜海(稚内市),天塩,稚内といった日本海北部海岸産や枝幸産は当初から枯損する個体は少なく,その後も高い生残率で推移していました。全般に,植栽直後を除くと枯損は少なく,16年後の生残率は7年後とほとんど変わっていませんでした。なお,一部の産地で生残率が上昇しているのは,根元まで枯れ下がった個体が萌芽により回復したためです。
 
植栽後16年間の成長
 図-2に,産地別の樹高成長の推移を示しました。植栽当初は夏期に上長成長するものの,冬期間には枯れ下がるため,樹高はほとんど横ばいで推移しましたが,植栽5年後あたりからしだいに枯れ下がり量よりも成長量が大きくなりました。また,産地による違いがより顕著になることが明らかになりました。さらに,7年後には
産地間差が拡大し始め,16年後には稚内,抜海,稚咲内,天塩など日本海北部海岸産のものは平均して1m以上に成長していました。一方,内陸産や道南産のものは成長と枯れ下がりを繰り返しており,16年後の樹高は植栽時とほとんど変わっていませんでした。
写真は成長の良い稚咲内産(左)と抜海産(右),及び成長の劣る道南産(中央)の植栽16年後の状況を示しています。このように,
生残率が高く成長の良好な産地の
ものは樹冠が完全に閉鎖し,海岸林としての機能を発揮し始めていますが,生残率が低く成長と枯れ下がりを繰り返している産地のものは樹冠が閉鎖することなく,機能を果たしているとはいえません。
今回はミズナラに限って述べましたが,カシワでも同様の結果でした。これまで言われてきたように,とくに気象条件の厳しい日本海北部の海岸林造成を成功させるためには,とくに産地を吟味し,天然生の海岸林が生育している付近から取ったタネを用いることが重要と言えます。
ファイル 35-3.jpg

2009.7 第15号 技術通信 道立林業試験場発(2)

ニセアカシアを駆除するには夏に伐採するのがよい

林業経営部育林科 山田健四

 ファイル 27-1.jpg

はじめに
 北米原産の外来種であるニセアカシアは,荒廃地に強く成長が早いことから治山緑化に用いられるほか,フジに似た白い花が美しく,蜂蜜の重要な蜜源であるなどの有用な性質を持ち,世界中で広く植栽されている樹木です。一方で,地表近くに張った水平根から発生する根萌芽により隣接する開放地に分布を拡大することや,伐採しても旺盛に萌芽枝を発生して駆除が困難なことなどの性質から,環境省により「要注意外来生物」に指定され,適切な管理手法の開発が求められています。ニセアカシアを伐採する際に一番問題となるのは,その旺盛な萌芽再生能力です。このため,何度も伐採を繰り返したり,伐採後に除草剤を散布したりといった,様々な試みがなされていますが,それぞれに経費や周辺環境への配慮といった問題があります。本報では,ニセアカシアを適切に管理するための伐採方法について,特に伐採時期の違いによる効果を明らかにした結果について紹介します。
ファイル 27-2.jpg

伐採時期を変える意義

 落葉樹は一般に,秋に養分を樹体や根系に蓄え,春の芽吹きや開花にはその養分を利用することから,伐採時期を変えることにより,萌芽枝が利用できる養分量を変化させ,伐採後の萌芽枝の発生数やその後の成長に影響を与えることができると考えられます。そこで,2004年に美唄市内の2林分において,開葉前で養分が十分に蓄えられている5月,開葉・開花で最もエネルギーを使う6月,そして成長が旺盛な8月の3回に分けてニセアカシアを伐採し,その後の萌芽枝の消長を3生育期間にわたって観察しました。

夏伐採は効果的!

 伐根ごとの最も高い萌芽枝の高さ(最高萌芽枝高)は,伐採時期が早いものほど高い結果となり,この傾向は3生育期間を経過した2007年5月時点でも変わりませんでした。2007年5月の調査では,南美唄の8月伐採区および盤の沢のすべての伐採区において,伐根からの萌芽枝が全て枯死した枯死株が顕著に増加しました。枯死の原因は,上木の伐採によって回復した林床植生により,枝高の低い萌芽枝が被陰されたものと考えられます。この結果,2007年5月におけるニセアカシアの再生量の目安である,根萌芽を含む樹高1.3m以上のすべての萌芽枝の材積の合計値(D2H値合計)は,両林分とも8月伐採区で非常に小さい値となりました(図)。2007年5月における南美唄5月伐採区と同8月伐採区の状況(写真)を見ても,この差は明らかです。
 以上の結果から,ニセアカシアの駆除伐採は春先よりも盛夏に行う方が効果的であるといえそうです。ただし,8月伐採区では再生量が少なかったとはいえ,南美唄のように再生した萌芽幹が残っている場所では,追加的に繰り返し伐採を行う必要があるかもしれません。また,本報告は美唄市内の2か所という限られた条件の中での結果であるため,今後も伐採事例を増やして検証し,ニセアカシアの効果的な駆除方法について検討していきたいと考えています。
 本研究の遂行に当たり,調査地の提供をいただいた三井鉱山株式会社及び三菱マテリアル株式会社,研究費の一部を助成いただいた(社)道路緑化保全協会に感謝します。
ファイル 27-3.jpg ファイル 27-4.jpg

2009.1 第14号 凹凸地形で工夫した海浜植物の導入試験

緑化樹センター主任研究員 清水

植物の導入方法を自然に学ぶ

 海浜植物の生育している海岸は、砂などの貧栄養の土壌が多く、しかも砂の移動や堆積、塩風、乾燥等、厳しい立地環境にあり、一度消失した植物を新たに生育させることは容易ではありません。しかし、現実には多くの植物が海浜で生育しています。
実際に植物が生育している場所をよく観察すると、実は海岸といっても丘があったりくぼ地があったりと複雑な地形をしています。そこで、海浜植物の導入試験を行うに当たって、地形に変化をつけてみました。

試験の方法

 試験地は北海道北部に位置する日本海沿岸の砂採取跡埋め戻し地に設定しました。埋め戻し地は海から内陸に200mほど入った場所にあり、飛来塩分量は波打ち際(汀線)の27%で、ほぼ樹木生育の限界地でした。埋め戻された土は小傑、砂、粘土からなり、地形
は平坦化されていました(写真1)。
 ここに埋め戻し時と同じ土を用いて、高さ150cni、幅と、長さとも420cmの盛土を180 Cm間隔で2つ造成しました(写真2)。海浜植物の植栽は立地条件の異なる盛±4箇所(①海向き斜面、②盛上上平坦面、③内陸向き斜面、④盛上間平坦地)と⑤開放された平坦地、に行いました。
ファイル 10-1.jpg

試験の結果

 土壌が堅く締まっていない盛土斜面(①、③):ハマナス、ハマニンニクのように、地下茎を伸長させるために柔らかい土壌を好む植物の成長が優れており、エソエユウ等他の種でも成長は良かった。しかし、冬期間も地上部が生き残って塩風で枯れやすいミズナラについては、海向き斜面では成長は不良でした(図1)。
 土壌が堅くて塩風が強く当たる盛上上平坦面と開放された平坦面(②、⑤):全ての植物で他の植栽箇所に比べて成長は悪かった。これは塩風の当りが強いとともに土壌が堅く締まっていたためと考えられます。地下茎で増えていくハマニンニクでは、開放平坦地における地表の被覆面積は盛土斜面の10分の1以下でした(写真3、4)。
 土壌が湿って塩風の当たり方が弱い盛上間の平坦地(④):エソゼンテイカ、ノハナショウブ、エソエユウ等の湿った土壌を好む植物の成長が良好でした。また、塩風の影響が最も少ないため、ミズナラ、ハマナスの樹木も成長が良好でした。

海浜植物導入に適した地形

 海浜植物の導入には、海浜植物それぞれの特性に合った立地条件を作ると生育が良くなることがわかりました。より自然に近い景観の優れた海岸の復元には、単純な平坦地に植栽するよりも凹凸のある地形を作るとより自生海浜植物の再生に効果的です。
ファイル 10-2.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ