協会だより

ホーム > 協会だより > 全国治山林道協会長会議の開催

全国治山林道協会長会議の開催

10月8日、9日の日程で、全国治山林道協会長会議・現地視察が三重県で開催され、当協会から中島副会長が出席しました。
 初日、松阪市内のホテルでの室内会議では、日本治山治水協会の山口会長の主催者挨拶及び中央の情勢報告のあと、福井県選出の滝波参議院議員の挨拶に引き続き、鈴木三重県知事の来賓挨拶、三重県森林協会の河上会長(熊野市長)の歓迎挨拶があり、そのあと林野庁森林整備部整備課長崎屋課長から「森林整備事業・治山事業の推進について」と題した予算説明、東京大学の太田名誉教授による「治山治水のパラダイムシフト~連年災害に想う~」と題した講演が行われました。
 翌日は、伊勢神宮外宮、内宮等の現地視察に加えて、神宮宮域林の概況について、神宮司庁山林部長からレクチャーを受けるなど、興味深い研修、意見交換が実施されました。

 ファイル 288-1.jpg   ファイル 288-2.jpg
   主催者挨拶                        審議状況

                  ファイル 288-3.jpg
                   予算説明